注目されているフラッシュストレージを導入する方法

パソコンの性能を引き上げる為には、各パーツでボトルネックになっている部分を重点的に強化していく事がポイントです。ボトルネックとなりやすいのがストレージであり、プロセッサやグラフィックボード、メモリーなどを高速化しても、システム全体を高速化させる為には、ストレージの高速化が重要になってきます。フラッシュストレージは、ボトルネックになりがちなストレージを強化する為のパーツとして有効であり、OSやアプリケーションの起動を高速化させるのに適しています。また、HDDとは違って機械的に駆動するモーターが使われていない事もあり、外部からの衝撃に強く、軽量であるというのも強みとなっています。システムドライブとして活用される事が増えており、HDDと併用する事で容量や価格でのデメリットを最小限に抑えられます。

半導体ベースのストレージを導入するメリット

HDDは、大容量で低価格という大きなメリットがありますが、磁気ヘッドを移動させてディスクにデータを記録したり、データを読み込んだりしますので、システム起動やアプリケーションの起動がそれほど高速ではありません。起動を早くするには、回転数が高いモデルが必要になります。一方で、フラッシュストレージはフラッシュメモリーが数多く搭載されており、高速なデータアクセスを得意としており、HDDとは違った形でデータの書き込みと読み込みを実施します。フラッシュ系ストレージの中でも、よく使われているのがSSDです。これは、シリアルATA接続やPCI Express接続やUSB接続の物がありますので、ユーザーが構築したいシステムに合わせて種類を選べ、HDDと併用する事で高速で大容量を持ったシステム作りが行えます。

フラッシュ系ストレージの導入方法

フラッシュストレージを導入する方法は、PCショップなどで販売されているパッケージ製品やバルク製品を購入して、マザーボードの所定のポートに接続するだけです。シリアルATA接続であれば、そこに接続されているHDDと交換したり、増設したりする形で組み込めます。PCI Expressタイプの場合は、グラフィックボードのようにPCI Express端子に接続する事で使えるようになります。フラッシュストレージは、マザーボードにケーブルレスで接続出来るタイプも出てきています。M.2接続のSSDは、マザーボードに専用のポートが用意されている事がありますので、そこに接続する事でストレージとして使えるようになります。超小型パソコンを構築したり、ストレージの専有スペースを極力抑えたりしたい場合に役立ちます。

コメントは受け付けていません。