フラッシュストレージを導入する際や導入後の注意点

フラッシュストレージはハードディスクに比べて省電力で高速な読み書きができることから急速に普及しています。フラッシュメモリの大容量化が進み、ハードディスク並みの記憶容量を実現できるようになりました。ハードディスクと比較して運用コストの削減や故障率の低減、アクセス速度の向上が見込めるため、それらの問題を解決する目的としておすすめの記憶装置です。また、ハードディスクと比べて小型で軽量なのが利点でもあります。新規導入の場合も設置場所の要件が少なくて済みます。そのように利点ばかりのように思えますが、使用する状況によっては期待したような結果が得られない恐れもあります。導入前にしておかなければならないこと、導入後に注意が必要なことを理解して検討する必要があります。

書き込みをするときの特徴に注意

フラッシュストレージにすることでハードディスクよりも高速なアクセスが期待できると言われていますが、その書き込む状況によっては期待するほどの速度を得られないおそれがあります。フラッシュメモリの読み出しは高速ですが書き込みなると欠点が出てきます。基本的にデータの上書きができません。書き込む前に書かれているデータを消去する必要があります。新規に書き込む場合にはある程度まとめて行うことができますが、データの消去は少しずつ行う必要があります。つまり書き換えが頻繁に行われるようなデータアクセスの状況ではハードディスクよりも時間がかかることもあります。データの追加を続けるような目的でつかわれるのであれば問題ありませんが、常に更新されるようなデータを扱っている場合には注意が必要です。

導入コストが高くなるおそれがある

データのアクセスを高速化することができ、運用コストを減らすことができるフラッシュストレージですが、ハードディスクと比べて高額であることがデメリットになります。単位あたりの価格が高いため、同じ容量を必要とした場合、導入コストが高くなります。同じコストで済ませる場合には容量を減らす必要が出てきます。まだ普及し始めたばかりなので値段が高くなっています。今後生産数が増えることで低価格化が進むことが期待されます。記憶装置の価格だけを比較すると確かにフラッシュストレージの方が高額になります。ただし、導入後の運用コストの差や設置場所の条件の緩和などによる付帯費用も考慮する必要があります。トータルコストによって検討すると最終的には採算の取れる可能性もあります。