フラッシュストレージをおすすめしたい人はこんな人

データの保存には記憶装置と呼ばれるものが必要です。今までは大容量の記憶装置といえばハードディスクでしたが、最近ではフラッシュストレージと呼ばれるものが選ばれることが増えています。ハードディスクは金属のディスクを高速で回して、その表面を磁化することでデータを書き込む記憶装置です。フラッシュストレージはフラッシュメモリーを使った記憶装置です。携帯電話やデジタルカメラなどに使われるメモリと同じものを利用しています。現在ではメモリ自体が高密度になり小型で大容量になったことから、そのメモリを大量に繋ぐことでハードディスクと同じ大容量のデータの保存が可能になりました。ハードディスクと比較するといくつかの点で優れているところがあるため条件に合う方にはおすすめです。

データの読み出しを高速で行いたい

フラッシュストレージは、データを電気信号のままメモリ内に書き込んだり読み出したりすることができます。ハードディスクは、金属製のディスク表面にある磁気をヘッドと呼ばれる読み取り機構で感知することでデータを読み書きします。そのためデータのやり取りを行うときにはディスクが等速になるまでの時間やヘッドが動くための時間が必要になります。全ての動作が高速で行われているため1秒にも満たない間隔で行われていますが、メモリの読み出し時間と比較するとかなり遅くなってしまいます。その時間の差が蓄積することで全体の読み出しにかかる時間が遅くなります。保存されているデータをできるだけ早く読み出したい時にはハードディスクよりもフラッシュメモリを使った方が大きな利点があります。

運用コストをできるだけ低くしたい

ハードディスクにはディスクやモーター、ヘッドなどの機械的な機構が使われています。それらの機構を動かすためにはデータの読み書き以外に多くの電力を消費します。フラッシュメモリにはそのような機構がないためデータの読み書き以外に必要な電力はありません。使用するハードディスクの量が増えほどに運用する電気代がかかることになります。また、多くの機構があることで故障するリスクも高くなります。衝撃にも弱いことから動かなくなってデータが取り出せなくなるリスクが高くなります。そのためメンテナンスやバックアップが必要になりさらに運用コストが必要になります。フラッシュストレージなら故障も少なく、電気代も少なくて済むため運用コストの削減をしたい人にはおすすめの記憶装置です。